小1助詞の問題

「は」と「へ」をつかって、ぶんを つくりましょう。

国語の時間。自由作文の設題に対して、小1女子は次のような回答を提出した。

「わたしは、はなばたけへいきました。」◎
「わたしは、ほてるへいきました。」◎

助詞の使い方は、しっかりと理解できているようだ。ひらがなも、上手に書けている。

ホテルというのは、数年前に泊まりがけで行ったディズニーランドの旅行のことを思い出しているらしい。花畑は、どこかの公園のことだろうか。

このように、二つの経験を並べて書くことで、新たな物語が生みだされることがある。

君は…。

お花畑に行って、そのあとホテルに行ったのですか?

いつ、だれと?

自分の体験から恋物語をつづる、彼女は小説家としての素質も持ち合わせているようだ。

5分間ドリル

金曜日の朝。ランドセルの片隅から出てきたのは、忘れさられていた算数のプリント。残された時間は、あと5分。家庭内に緊張が走る。

鉛筆と消しゴムを取り出す小学男子。追い込まれた中での驚きの処理速度。早い。瀬戸際で見せた彼のすご技に、できる男への片鱗をみた。

小3男子の新アイテム

仮面ライダーではないのですが、小3男子が手にしたオレンジ アームズ ベルト。

指先のボタン操作や、カードで得られる架空のアイテムとはひと味違います。一年間、自分の身体を使って重ねた努力の成果です。

新たに加えたリアルな自信を腰に巻き、次のステージに進みます。

続きを読む 小3男子の新アイテム

いやし系

『やさしいあなたは、近くにいるだけでリラックスさせちゃう、いやし系のお姫様よ』


少女雑誌に掲載されていたお姫様診断の結果に納得する、小1女子のつぶやき。



「私って、いやしいよね」

ミュージカル「アダムス ファミリー 2014」初日公演を観に行きました。

2014年4月6日、ミュージカル「アダムス ファミリー」の初日公演を観に青山劇場へ行きました。私は評論家ではないし、レビューを書くのも得意ではないのですが、一個人のメモとしてここに書き残しておきます。(写真撮影:青柳裕久)

続きを読む ミュージカル「アダムス ファミリー 2014」初日公演を観に行きました。