好きだから

自分には才能などないことは分かっている。それでもなお、いまでも続けようとしているのは、結局のところ私はこれを好きだということなのだろう。