20131223a

実家に帰省、ジジババと嫁婿の本音。

週末、押し入れの中から一年分のチリとホコリを追い出していたら、ちょうど一年前の古新聞達が出てきました。その中に、いま読み返してみても参考になりそうなアンケート記事が出ていたので、ご紹介します。

出典は、日本経済新聞の折込紙「NIKKEIプラス1」(2012年12月15日)です。

実家に帰省、気付いてほしいこと

もうすぐ楽しみにしていた年末年始の帰省シーズン。「手土産はどうしよう」「食事はどうしよう」など、お邪魔する方も、迎える方も、それなりに気づかいが必要ですよね。そこで、日経新聞さんは、嫁婿と義父母に「相手に気付いてほしいこと」についてアンケートを実施しました。

一年前のデータですが、今年の里帰りの参考にもなりそうな内容です。ご参考に。

スポンサー リンク


義父母の本音
  1. 大げさな手土産はいらない
  2. 一緒に過ごせて楽しいが、別れた後とても疲れている
  3. 長い滞在は遠慮して欲しい
  4. 迎えるための大掃除が一苦労
  5. 長時間の孫の相手は大変
  6. 帰省前に挨拶の電話を入れてほしい
  7. 自宅に集まるよりも一緒に旅行したい
  8. 積極的に家事を手伝って欲しい
  9. 食事の準備が大変なので、1日くらいは外食したい
  10. お年玉を用意するのが大変
嫁や婿の本音
  1. 何もすることがなくて暇だ
  2. 料理が多すぎて食べきれない
  3. 自分たちに構い過ぎず、ゆっくりしてほしい
  4. 寝転がってくつろぎたい
  5. 家事など何をすればよいか、具体的に指示してほしい
  6. 手土産を選ぶのに、いつも苦労している
  7. 寝る時間など生活のリズムが合わない
  8. 部屋をもう少しキレイにして欲しい
  9. 同じ愚痴や不満をあまり聞きたくない
  10. すすめられるお酒を飲みきれない