増えない、フラメンコな人たち

いろいろな意見があるなかで、私が出会ったフラメンコな人たちが共有している課題。そして、フラメンコ界だけではなく、多くの趣味や習い事にも共通する問題。


それは…。


スポンサー リンク



「新しい仲間が、入ってこない」


私はいま、フラメンコTVみたいなものを立ち上げられないかなと思っています。先の読者アンケートの結果をみると、ワンポイント レッスンとか、フラメンコ ライブの映像とかの要望が高いようなのです。

でも、これって今すでに「フラメンコをやっている人たち」の声なのですよね。

これはこれで、大切にしたいと思うのですが、これだけだと何だか広がりがないというか。根本的な解決にはならない気がしてきました。

定職をもたずに年収が200万円にも届かない若者たちが、自分の夢や好きなことのためには、時間と費用を捻出しているという話しを聞いたことがあります。

ダンスが学校教育に取り入れられたことで、子供たちや父兄の関心が”踊ること”に向けられる環境もあるはずなのです。

だとすると、そんな子供たちや若者たちに、フラメンコが夢や目標を与えるような機会が足りていないのではないかと。

たった一つのテレビCMをみて、バレエの世界へ足を踏み込む子供たちもいるわけですから。

フラメンコって、格好いいな。楽しそうだな。面白そうだな。そんな風にフラメンコに興味を持ってもらえるような”キッカケ”みたいなものが欲しいなと。

(フラッシュ モブも、一つの”キッカケ”にはなれば良いなとは思っているのでが。)

あまりフラメンコを目にすることのない一般の人たちに向けた、「フラメンコのプロモーション」にもなりえる動画をつくって、youtubeで配信するとか。そういうサイトがあってもいいのかなと、考えたりしています。